メインイメージ画像

医療レーザー脱毛で使われるレーザーとは

皆さんは医療レーザー脱毛で使われるレーザーとはどんなものかわかりますか。レーザー脱毛は、暗い色に察知する光の力で毛の根に照射させ、脱毛を加速するものです。レーザーを受けるのは2か月ごとに約6回ほどで、全て綺麗な状態になります。毛の生える時期には一定期間のサイクルがあって、3か月で毛が生えてくると聞かれます。そうしたサイクルを毛周期といい、それがあるのでサイクルを間を置いておかないとレーザーを受ける効果もありません。

脱毛というと、レーザーでの脱毛による長期に渡る脱毛を希望する若者が多いようです。レーザー脱毛は、毛の根元にあるメラニン色素という黒い色素に反応して、毛の根元に傷を負わせる毛を抜く方法です。その人個人の発毛の周期にもよりますが、比較的回数をかけずに永久脱毛ができます。レーザーは黒の色に働きかけるので、とても太陽で焼けた肌では受けられません。レーザーでの永久脱毛をやりたいときは、日焼けに気をつけるなどの自己管理もしっかりやらないとダメだということです。

脱毛をするのに正しい時期はあるのでしょうか?脱毛は一度でおしまいとはいきません。比較的短い時間でできるレーザーによる脱毛も、ムダ毛の発毛周期に合わせて適当な回数の脱毛が不可欠になります。そのことを鑑みると、殊の外皮膚を見られる時期である夏に備えて、最低でも春先までには施術をやりだしたほうが良いということでしょう。他方、レーザーを行う場合、日焼けはダメですから、皮膚を服で包むことが大半の肌寒い季節に施術をするということが増えるのです。